天鳳特東卓で目指せ七段!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-23 (木) | 編集 |
以前から思っていたのですが、私のブログって画像が多くて記事が探しにくいですよね。
なので、今後は追記も有効活用してシンプルなトップページにして行きたいと思います。
また何かお気付きの点がありましたら、遠慮なく仰ってくださいね(*´ω`*)

さて、今回のテーマは七対子です。主に待ち牌の基準とリーチについて書いています。



東発。6巡目に七対子ドラドラを聴牌。対面と下家はさほど速さを感じさせない捨て牌ですが、
上家が2mをポンして速そうです。待ち牌は2枚切れの7mかドラ表示牌の4sの選択。
この場面では4s待ちに受けたほうが良さそうですが、ここからどうするかがポイントになりそうです。

以下、追記にて結果と自分の考えを書いています。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
2012-08-22 (水) | 編集 |
好調が終わり、収束つつある甘粕士郎です。切り替えて不調をどう乗り切るかに集中したいですね。



東3局。私はトップとは12100、2着目とは6900、ラス目とは3000点差での1112789m179p789sから
8pをツモって面前聴牌。ドラが1p。2mを切れば純チャン三色ドラドラの跳満。リーチなら倍満確定。

1pを切れば3mで純チャン三色の満貫。2mなら三色のみ2600。リーチならそれぞれ跳満と5200。
4巡目で場に切れているのは2m1枚以外は字牌。私の河は明らかな変則手か速そうな捨て牌。

この場合はどのような選択が最も効果的なのでしょうか。結果と自分の考えは追記で書いています。
[READ MORE...]
2012-08-21 (火) | 編集 |
一時はR2000に到達したのですが、その後みるみる下がるレートに恐怖している甘粕士郎です。
焦らず、急がず昇段を目指したいです。今日は反省が必要な対局から。



東発。ドラ周りが全く見えていないので、あまり67p辺りは切りたくないと思っていた所に
上家からの先制リーチ。同巡に最後の2sを引き、6pを切れば聴牌ですが…。



最近は押しの重要性を再認識しつつある私でも、ここは打6pは自重。打6pでのゼンツでは
和了率より放銃率のほうが高いと判断します。回っても聴牌を目指せるのも大きいですね。



直後に7m引いたりして若干がっかりするも、後手に回ったにしてはありがたい形聴です。



東3局。親番での好形聴牌が目指せるこの牌姿で、打7mとする痛恨のミス。
打7pとしておけば、かなりの確率で好形聴牌が組めます。牌理の弱さを痛感させられました。



この放銃自体はツキがないだけですが、478m待ちを選択できなかった時点で後味が悪いです。



オーラス。ありがたい事にラス回避するための打点は足りていますが、ほぼ愚形聴牌が確定する
打7mにやや逡巡。でも、さすがに一向聴に取ったほうが有利ですよね。



3pを引いてリーチ。ここは打7sリーチが有利だと思います。



でも、全然和了できる気配がないです。6s引いた時はこれはもうダメかなと諦観(´・ω・`)



あれ?上家聴牌じゃないのですか。という事は…。



やったー!! 一時はもうダメかと思ったので、嬉しさも一入です(*´ω`*)
そういえば、私が喜んでいる記事はやたら3着になった対局が多い気がします…w

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012082023gm-0061-0000-xb91f3df65b61&tw=2
2012-08-17 (金) | 編集 |
今日はしけいしゅうさんと同卓出来たので、その時の対局を振り返ってみます。



オーラス。私は和了トップの2900点+リー棒+2本場の4500点を聴牌。待ちは6mと6pのシャボという
良くない待ちだが、7m4枚と7p3枚が見えているため、見掛け程は悪くはないという印象だ。

しかし、上家は大明槓を仕掛けており、聴牌は確実。となると、上家に対しては6mも6pも
当たり得るので、自分は不利な立場にいると思って良いだろう。

そこに来たのが6s。6s単独で考えてみても危険だが、前巡に危険牌の3pを通しているので、
輪をかけて危険牌と言える。しかし、自分の手牌には残念ながら安牌と呼べるものがない。

56sがあまり見えていないので7sは切りにくい。現実的には6mか6pの対子落としか、6s押しの
選択になりそうだ。対局中は7m4枚見えなのがパッと認識できたので、6mのほうが安全かと
思っていたが、改めて場を見ると4pが4枚切れている事がわかる。

最も警戒すべき上家は9pを切っているので369pの両面では当たらない。親の私がダブ東含みの
2副露後に大明槓を仕掛けている事から、ほぼ良形聴牌であると推測できる。この6sを押しても
めくり合いでは不利な上、現状は微差のトップ目なので、歯を食いしばって打6pオリが正着だ。

みたいな事を実戦で考えられたらなぁ(´・ω・`)

※実際の対局では。。。 「うわ~6sとかめっちゃあぶないよ(´・ω・`) でも安牌もないぉ(´;ω;`)」
「回るのなら6mか6pだけど、どっちが安全かわからないぉ(つω`)」「わからないから攻めるぉ!(゚∀゚)」

下家(しけいさん)「それロンです。おかげで私はトップ。あなたはラス。ざまぁwwwm9(^Д^)プギャー」
私「またしてもしけいさんの養分になってしまったぉ(´;ω;`)」 ※会話はイメージです



それにしても、私はいつもしけいさんに負けているような気がしているのですが…。

VSしけいさん

気のせいではありませんでした!

やはり、最近の好調さに甘えて、若干ぬるい所が増えているようです(´・ω・`)
もう少ししっかり対局中に考えられるようになりたいです(つω`)

でも、元々は頭の回転が悪いのがコンプレックスで、それを鍛えるために
天鳳をやっているような所があるので、めげずに頑張ります(`・ω・´)


今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012081720gm-0061-0000-x739649eab96e&tw=3
2012-08-15 (水) | 編集 |
私は基本的に自分の和了が見込める場合は押すほうだと思いますが、和了が遠い場合は



1副露でもオリる対象にしています。特にこの画像では親のダブ東の仕掛けなので、あまりにも
手が悪い場合は1段目からでもベタオリが安定すると思います。(画像は親の副露直後)



対面の染めを警戒しての3s切り。結果的には放銃を免れて良かったです。この手は和了まで
遠い訳ではないので、安全を確認しながら攻めるつもりでしたが、あまりにも捨て牌から見て
対面が聴牌濃厚なので、前巡の3pすら切らないほうが良かったかも知れません。

今月はかなり押している割には放銃率を抑えられているので(和了率.240 放銃率.110前後)、
これからも押す必要のない場面での放銃を極力避けていきたいです。(前記事みたいのはNGw)

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012081421gm-0061-0000-x4483b5a96d25&tw=1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。