天鳳特東卓で目指せ七段!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-06 (月) | 編集 |
今回もlibraryさんの1週年感謝祭の模様をお送り致します!
前回の記事では何やら向聴から無筋押してばかりのゼンツ厨みたいになっていたので、
今回はバランスを取るために(?)オリ判断の多かった対局を振り返りたいと思います。
同卓者は上家が紅茶(メガネ秘書)さん、対面がレート難民さん、下家がlibraryさんです。



東発。私は2sが良さそうなのを見て七対子or一盃口を見ていた所に下家のlibraryさんから
リーチが入りました。これは一切押さずにオリるのが良いと思います。

というのも、こちらは3200点の一向聴で聴牌しても待ちが最大3枚で打点も和了率も高くないのと、
出て行く7pは普通に危険牌、9pも788pからの8pも先切りが十分考えられるのと、2sも最終手出し
の近くなので、ワンチャンスと言えど刺さるケースが多分にあるからです。

リスクとリターンの関係で考えると、今回はリスクの低い打牌で押すことは出来ますが、
リターンがあまりにも低いのでオリ優位だと見ます。1sの対子落としが優秀なのも大きいですね。



前局は対面のレート難民さんが競り勝って迎えた東1局1本場。今度は上家の紅茶さんから
リーチが入りましたが、これも一切押さずにオリます。中が重なった場合は暗刻落としにします。

これもこちらの手が聴牌しても打点と和了率が低い為です。オリ打ちの可能性は残りますが、
6mと中対子落としは計算でき、3p暗刻も安牌を見つける材料になるので、何とかなりそうです。

私の押し引き感覚は大体こんな感じです。前回の記事にあったような向聴からリーチに無筋を
押すのは実は相当なレアケースです。ただ、贅沢な事を言ってられないケースは多々あるので、
先制されたら機械的にオリるのではなく、きちんと状況を認識して判断する事が大切だと思います。

この対局では鳴き判断でも迷う所があったので、振り返ってみたいと思います。



点数状況は大きな開きはなく、まだ全員に連帯のチャンスがある中で迎えた東2局。
対面が赤入りでの仕掛けが入り、上家の親も相当手が整っていそうな捨て牌です。

そんな上家から放たれた5m。鳴けば聴牌ですが、如何せん7sが一枚も見えていないのに
47s發での片和了に受けるのは裏目を無視できず、また面前での聴牌も見込めるので
泣く泣くスルーしました。



しかし、ここで2sではなく發の対子落としを選択していたらどうでしょうか。
發と3sの直接の受け入れは減りますが、25mでのチーで247sの絶好の聴牌に取れます。

2sと發の比較で考えてみると、ポン材としてはやはり發のほうが優秀だと思いますが、
25mのチーも含めて考えれば、2sを残したほうが柔軟性があって良いように思います。

3sが入った場合で比較しても、發を切った場合は直接の聴牌は逃しても広い一向聴になるので、
致命的な裏目とは言えない気がします。(他家の聴牌が速そうなのでそうとは言い切れませんが)

私は打点が欲しかったのもあって受け入れ最大の2s切りにしたのですが、
上家から5mが出た時点でとにかく先制聴牌を入れたいと思ったのも事実です。

クイタンで仕掛けやすい發切りと、發ポンと面前リーチの両天秤に取れる2s切り。
この状況ではどちらが優秀だったのでしょうか?皆さんのご意見をお待ちしております。

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012080419gm-0041-16850-893af08f&tw=2
スポンサーサイト
2012-08-05 (日) | 編集 |
先日、libraryさんが主催された1周年感謝祭に参加させて頂きました!
私は主催者のlibraryさん、普段から交流のある方で紅茶さん、TheFoolさんと同卓出来ました。
同卓された皆様、対戦ありがとうございました!(*´ω`*)

そんな中で、私が対戦した5戦の中で印象に残った対局を振り返ってみたいと思います。
同卓者は上家がレート難民さん、対面が紅茶(メガネ秘書)さん、下家がlibraryさんです。



東発。対面の親の紅茶さんから先制リーチが入りました。私は比較的通りそうな8mだけ勝負し、
後の展開で押し引きを決めようとしていた所で4pが暗刻になりました。3sか8s勝負しますか?



私は3s切りリーチを選択しました。残り筋から見て3sが極めて危険という訳ではなく、通った場合の
和了率も高い。オリる場合はマンズがほぼ通りそうだが、赤5mが出て行く可能性が高く、決して
低いリスクでオリられる訳ではないので、押し引きを総合的に判断してリーチに行きました。

しかし、相手が親というのもあり、段位戦では日和りたくなりそうな印象も受けます。今回は
ラス偏重ルールではないので比較的リーチで良いと思えましたが、ここで親に放銃した場合は
一気にラス率が増加する事もあり、親リーにゼンツするのは恐ろしいです。

でも、別の見方をすれば、ここでオリても親がツモればトップ率が低下して2着以下になる
可能性が上昇するのでリスクは回避出来たとは言えず、逆にここで競り勝てば連対率が
上昇してラス回避は非常に容易になります。結局の所はハイリスク・ミドルリターンか、
ローリスク・ノーリターンかを選ぶ事になるので、段位戦であってもリーチで良いと思います。



先の画像では私のツモ和了で迎えた東2局。跳満を聴牌していますが、段位戦なら明確に
オリたほうが良い局面です。既に十分な点棒を稼げているので、これ以上のリスクを負う
必要はなく、オリに回れば凌ぎやすい牌姿で、待ちも4枚しかないので逃げ得と言えます。

しかし、今回は素点も重要なので押しました。混老頭なんて滅多に和了出来ないので、
ロマンを求めたかったのもありますw



結果は無残にも放銃。対面の紅茶さんはラス目というのもあり、手替わり豊富な一向聴には
受けず、積極的に和了に向かったのが好判断だったと言えます。この辺りはさすがですね。



次は南入して迎えた南1局。私は役牌バックと染め移行を見て鳴いていた所で上家からのリーチ。
私は3sを切りました。これも残り筋から見て3sが極めて危険な牌ではなく、通れば対子で落とせて
悪くないのと、南を切って裏目が来ると和了率が激減するので、3sは押し得だと思います。



1p辺りは特に戦々恐々としながら切っていましたが、結果的には私の勝利です。私の押し引き判断は
リスクとリターンの大小で決めることが多いです。なので、聴牌が近いor聴牌でもオリる事はあります。
別の対局で丁度オリ判断が多かった試合があったので、次回Part2として記事にします。

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012080419gm-0041-16850-9caa7235&tw=2
2012-07-18 (水) | 編集 |
今回で6回目となりましたメガネ部長さんの交流会の記事です。そして、今回が正真正銘の
最終回です。久々に気合を入れて作成したシリーズでしたが、沢山のご意見・ご感想を頂き、
誠にありがとうございました!書いてみて本当に良かったです。そして、何より楽しかったです♪
…と、そんな話はほどほどにして、早速検討に移りましょう。

前回は東2局1本場までを記事にしました。今回は東2局2本場からオーラスまでを振り返ります。



東2局2本場。予め結果をお伝えすると、この局は最後までもつれ込みました。
その途中経過が重要であると思ったので、あえて手牌を公開して進めていきます。
まずは、上記の画像で下家のlibraryさんが先制聴牌を入れます。



そして、ここから対面のうえすぎさんがドラを3つ抱えて回ります。確かに和了には遠い形に
見えますが、私には絶対出来そうもない選択です…。私は呑気に8mとか切ってそうです。
この見切りの良さが強者の証なのでしょうか。牌譜検討して気付けて良かった部分です。



この画像で上家のメガネ部長さんも聴牌。私も、メガネ部長さんはこれで聴牌かなと思いましたが、



この人は何故6sなんか切っているのでしょう…。「最後に2sを切る形にしたいな♪」とか考えていた
気がしますが、ここは2sで良いのではないでしょうか…。



そして、メガネ部長さんが生牌のドラ3mを掴んで回ります。7sを通せば、6sは私とlibraryさんに対して
安牌で、うえすぎさんもほぼオリに向かっているので安全に聴牌が目指せますね。上手すぎます。
私にもその状況把握能力を分けてください(´;ω;`)



そして、メガネ部長さんは8mを引いて比較的安全な5sを通して聴牌。まさに完璧な試合運びでした。
うえすぎさんは中盤以降、1枚足りとも危険な牌を通さない完璧なオリでした。libraryさんは効果的な
手出しを駆使して、危険牌を絞り込めませんでした。一方、私は手なりでたまたま聴牌しました。



しかし、これは何の因果か。メガネ部長さんが最後の最後に直前で放銃牌になった3sを掴みます。
ソーズがこれだけ安くなっていて、これを通せば聴牌で終えられるのに、これは仕方なさすぎる…。

この東2局2本場は特に私と皆さんとの実力差が現れた局かなと痛感しています。
進め方にレパートリーの少ない私にとって、この局の皆さんの進め方はとても参考になりました。



東3局はメガネ部長さんのリーチに対し、親番なのでMAXに構えていたlibraryさんが安牌もなく
真っ直ぐに行って放銃。8sがフリテンでさえなければ、おそらくは7p対子落としを選択されていた
と思います。これは不運でした…。



そして、いよいよオーラスです。私はトップと4100点差。ここでの私の考えを整理すると、
「ダブ西が対子で2000点は見込める。これは鳴くしかない。後はドラが来るのを祈ろう!」
「それで、後の面子はどうしよう。ん?対面が第一打1m…?そして上家も1m…。」
「って、この1mスルーしたらマンズ弱くなりすぎる!悠長に両面落としても間に合わない!チーだ!」
みたいな事を多分考えて鳴いたのだと思います。何故か知りませんが、私は上家の第一打の
チーがやけに多い気がします。ほとんど第一感で判断しているので、あまり考えていませんが…。



しかし、ドラが必要と言いながらこの赤5p切りはいかがなものでしょうか。段位戦であれば良いと
思うのですよ。横に伸びてもフリテンだし、刺さる可能性があるのは上家への愚形聴牌のみ。
でも、あくまでトップを狙いに行くのなら、和了率はいくら下がろうとも西ポン→5p単騎に受けるのが
この時点では最も優秀だと思うので、安牌の白は見切っても良かったかもしれません。



そして、下家のlibraryさんからリーチが入りました。リー棒が出たので、対面直撃で
まだトップが見える!…という事で、リーチには絶対刺さらないと自信を持って打1s…

メガネ部長さん「ポン」

こ、こうなったら、さすがの私も諦めます。西の対子落としで放銃回避を…



うえすぎさん「ポン」

もうやめて!甘粕士郎のライフはゼロよ!(´;ω;`)



そして、最終的にはlibraryさんが6sを掴んでメガネ部長さんの満貫に放銃。
ぬるい打牌をしたどこかの誰かさんのせいで満貫聴牌させてしまったせいですね。

こんな感じでこの記事は終わりです。記事を書くために牌譜検討をすればするほど、
私の実力のなさが浮き彫りとなりました。皆さんも良かったら今回の牌譜をご覧ください。
鉄強の方と、豆特の考え方の違いが垣間見れるのでオススメですよ!

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012071222gm-0201-0000-xda5dbeba9767&tw=1
2012-07-17 (火) | 編集 |
さて、メガネ部長さんの交流会の模様をお伝えするのも、今回で5つ目の記事になりました。
前回は東1局の0本場と1本場を記事にしました。今回は東1局2本場から続けていきます。



東1局2本場。リー棒1本、積み棒2本あるので、この局の和了には+4000の加点があります。
なので、この局の和了は妥協出来ない所です。9pをヘッドに固定して中バックで鳴きました。
出来れば、ダブドラの赤5sも使いたい所ですね。この鳴きは雀荘戦ならではのつもりでしたが、
段位戦でもありなのかな?私は守備力がないので、ここから仕掛けるのはちょっと怖いですが…。



しかし、發も対子になって4sが2枚見えたのでダブドラの赤5sを先切り。全力で和了に向かいます。



ですが、対面さんにリーチ一発で南をツモられ、リーチ一発ドラ裏の13000の収入を許してしまいました。
中はメガネ部長さんと持ち持ちなのと、發が仲良く奥に並んでいたのがツキませんでしたね。



続いてはようやく東2局。私は西を仕掛けて連荘狙いの所に鳴ける赤5mが!
鳴、鳴きたいっ…!でも、赤ドラを切っている=少なくとも一向聴?でこっちは
安手の一向聴。次巡にはリーチが来てもおかしくないのに、受け入れを狭める鳴きは損では?
と思いスルーしました。でも、実際にはこの時のメガネ部長さんは牌効率重視での赤5m切りで、
まだ二向聴でした。チーすれば高め5800にもなるし、チーもありだったのでしょうか?



そして、個人的に感銘を受けたのがこの場面。私が3pを引き入れて切った8pをlibraryさんが
チー。そして、ドラとは言え端牌の9pを選択。不運にも放銃してしまいましたが、私には36pで
刺さる可能性もあるので、放銃率自体は9pのほうが低いはずです。

libraryさんは6pを切っていれば7700の聴牌になるのに、打点を3900に落としてまで放銃率の
低い打牌を選択するという判断が凄いなと思いました。(私だったら6p切る以外なさそうです)
というか、それ以前に私だったら親が聴牌しているとは読めないかもしれません…。



そんな事があっての東2局1本場。メガネ部長さんの高速リーチが入りました!(あれ…?デジャブry)
でも、安牌がないよぅ(´;ω;`) 親だし、簡単にオリたくもないよぅ(´;ω;`)



だがしかぁーし!こっちも聴牌しちゃった(*´ω`*) 待ちはペン7pと言えど、現物なのにまだ見えて
いないのは好材料だ!山にまだ何枚かあるかも知れない!どうせオリきれるような手牌でもないし、
ここは追っ掛けリーチだ!…と判断した訳ですが、これどっちを切ってリーチしましょう?



私は2s切りを選択しました。その理由は大きく2つ。

1つは、2sのほうが放銃率が若干ながら低いと思われる事。2sと5sは両面には同程度刺さりますが、
2sはすでに2枚見えなので単騎にも刺さりにくいというのと、雀荘戦のルールでは若干赤5狙いが
増えるので、ここはカン2sよりもカン5sや5sの単騎をケアしたほうが良いのかなと思いました。

もう1つは私に対して、ソーズの5s周辺は通ると思われては困るからです。メガネ部長さんに
対してもソーズの真ん中は切りにくい牌ですが、いよいよ安牌がなくなれば重点的に放銃を
避けるのは親で追っ掛けリーチを掛けている私のほうです。それならば、少しでも捨て牌に
ヒントを与えるべきではないと判断しました。

これがもし、先制でリーチを掛けられるのであれば、確定三色か赤入りリーチのどちらが
優秀なのでしょうか?赤切り周辺は通されやすいので、愚形聴牌なら赤は切らないのも
ありかなとも思っています。(でも、確定三色のほうが局収支は良さそうですよね)



結果は私とメガネ部長さんの2人聴牌でした。なんだかお互いに放銃しなくてホッとしているような
リーチ合戦でしたね。何だか実力がないので中途半端に押してる私が得してる♪感じですね。

今回はここまでです。後は東2局2本場と東3局はさっと流して、オーラスを重点的に書く予定です。
また良かったらゆっくりとお付き合い下さいm(_ _)m
2012-07-16 (月) | 編集 |
連日更新しているメガネ部長さんの交流会の模様ですが、今回が最終回です!
メガネ部長さんと対戦したくて21時ピッタリに予約していたのですが、後でブログを確認したら
実は20分繰り下げだったという…w ですが、最後の方になってようやく対戦できました!(*´ω`*)

そしたら、その卓はなんとメガネ部長さん(順調に右肩上がりで鳳凰入りしたエリート実力者)
うえすぎさん(四麻三麻W鳳凰民の実力者)libraryさん(堅実に地力を付けて来られた実力者)
そして、朝比奈大吾という安定五段あるかも怪しいけど、何故か確変で鳳凰入り出来た
保存七段垢を持つ私
という全員が鳳凰経験者という豪華な顔ぶれでした。(保存一人を除く)

現状、安定五段ない私が明らかに場違いな感じがしますが、自分の考えを交えつつ対局を
振り返って行きたいと思います。



東一局。上家がメガネ部長さん、対面がうえすぎさん、下家がlibraryさんです。
まずは私に幸先良くドラ發ポンでの一向聴が入りました。しかし、画像は發ポン→打4pとした
直後のものですが、特に親のメガネ部長さんの捨て牌がかなり濃いです。中張牌を連打して
ドラの打發という事は、少なくとも一向聴である可能性が高いと思われます。

その上で、ドラポンした私に向かってくる可能性が高いのは上家で親のメガネ部長さんです。
他の2人は押してくる可能性は低そうです。となれば、最終的な待ちはメガネ部長さんの
捨て牌にある58pは絶好の待ち頃。小容量の脳みそをフル回転させて、78sポンと3sチーで
聴牌が取れる
と把握したまでは良かったのですが…。



ここで愚かにも7pをツモ切りする私。ここは鉄で2sですね。いくら58pが良さそうだと感じていても、
その聴牌に取れる3sと7sがすでに少なくなっている上に場に出てくる可能性も低いので、
少しでも受け入れの広いほうを選択すべきだったと思います。



369sの聴牌は逃しましたが、58sの聴牌は取れました。って、明らかに369s待ちが優秀です…。



結局は私とメガネ部長さんの2人聴牌。メガネ部長さんは平和高め三色の赤入りですね。
私はフルゼンツだったので、6p掴んだらエライ事になっていました((((;゚Д゚))))



次局。私はタンヤオのみでのかわし手を狙っていた所に、メガネ部長さんの親リーが入りました。
私はほぼベタオリで迎えた残り2巡での押し引き判断ですが、ここで7mか4pを切れば聴牌です。

ここで考えられる選択は、689m3枚見えで安全度の高い7mか。それとも、ワンチャンスで危険度は
やや高いが、現張りの三面張に受けられる4pか。はたまた、現物2枚あるのでベタオリか。



私は7mを切りました。そしたら、またしても選択肢が。両面とカンチャンノーチャンスのドラ8pか。
ワンチャンス4pか。それとも、今度こそオリなのか。



私は4pを切りました。今回は9p切りリーチだったので、ドラ単騎は通常よりも可能性が高いと
判断しました。しかし、終盤でのワンチャンス4pは必ずしも安全とは言えません。
親リーである事を考慮すれば、オリという判断も正しいのではないかと思います。

今回はここまでです。他にも考慮したい場面がいくつかあるのですが、長くなるので分けます。
2つになるか3つになるか不明なので、今回の記事はPart3-1とし、残りも同様のタイトルで
書いて行きたいと思います。(牌譜は最後の部で掲載します)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。