天鳳特東卓で目指せ七段!
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-08 (日) | 編集 |
※前回の記事の続きです。

結局は4m単騎で流局1000オールになった次局。配牌から一通の目は残しつつ、
大体タンヤオになるかなと思っていたけど…



さすがにソーズが高すぎる。普段は染め気配が感じられても絞ったりはしないほうだが、
この場況は無視できない気がする。特に対面の手が清一色か混一かでかなり対応は変わる。
早い手ではないし、ソーズはなるべく切らないでおきたい。そこで…

そうだ、七対子に行こう!


チートイはあまり好きではないけど、ソーズを鳴かれてオリるよりは聴牌を目指しやすいと思った。



流局間際に聴牌。対面は万全な体制で鳴いた訳ではなさそう。これなら3sも押す価値がある。



流局。牌譜を見返すと、対面も3s切りの段階ではノーテンで、最後にようやく聴牌していた。
この局で上手かったのは対面かもしれない。ちょうど、前局のブラフ気味の鳴きをやり返された感じ。

あとは反省が必要そうな場面。



流局間際にちょっと嫌だと感じる8mを回す。実際、この時点ではノーテンなのでそれで良さそうだが、
次巡1pツモで打8mはどうなんだろう?結果は通ったけど、海底なので危険性は増している。
8mはそこまで当たりそうではないけれど、画像時に聴牌出来なかった時点で諦めても良かったかも。

流局間際の押し引きは苦手です。(主に状況の変化に思考が追い付かなくて)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。