天鳳特東卓で目指せ七段!
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-14 (土) | 編集 |
最近は序盤で不利な展開になっても、あまりイライラしないよう心掛けている甘粕士郎です。
とは言っても、そうやって意識しないとすぐ苛立ってしまうメンタル弱者ならではの意識です。
できるだけ「なんくるないさー」の精神を持ち続けたいですね。

さて、今回は流局間際の形聴を取るために、無筋を押すかの押し引き判断です。
自分ではまだどちらが正解だったか結論が出ていないので、振り返りつつまとめてみます。



点数は自家22700持ち2着目で下家(親)が33200持ちトップ目、対面が22200持ち3着目、上家が20900持ち
ラス目です。そして、終盤に対面からリーチが入り、残り1巡となった所で6s切りなら聴牌です。

自分は最初押すつもりでした。でも、場に対してあまりにもソーズが高すぎる上に3-6-9sはドラ筋
なので、放銃の危険性が高いと最終的に判断し、5mを切ってオリました。

しかし、それで本当に正しかったのでしょうか?東3局の2着から4着まで1900の競った状況で形聴が
取れるか取れないかでは、オーラスの立場がまるで変わります。

そこで、放銃の危険性のある牌をピックアップしてみます。

・1-4m 2mがワンチャンスになっているが、マンズの下を切っていない対面には危険と思われる。
・7m 比較的通りそうと思われる。これで聴牌が取れるのなら取ると思う。
・2-5s 対面だけでなく、全員に対して危険。
・3-6-9s 同じく、全員に対して危険。
・4-7s 同じく、全員に対して危険。
・8s 上家には刺さるかもしれないが、これで聴牌が取れるのなら取ると思う。
・4p 上家と親には刺さるかもしれないが、これで聴牌が取れるのなら取ると思う。
・5-8p 全員に対して危険。
・6-9p 対面に対してのみ危険。

こんな感じでしょうか?対局中はとにかくソーズが危なそうだと感じていましたが、ピンズの上も
結構危ないですね。しかし、ここに挙げた中でも6sはやはり一際危ない気がします。

結果、対面は6-9p待ちでした。親も形聴に成功しています。


個人的には点数状況的には押し、切る牌の危険度的にはオリというどちらを優先するかで選択が
大きく変わるような押し引き判断だったと思います。まだ正着がわかりませんが、打6sだと放銃した
場合の失点も大きくなりそうなので、今の所はオリが有利なのかなと見ています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。