天鳳特東卓で目指せ七段!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-06 (日) | 編集 |
最近またプチ地獄にハマっている訳ですが、その中でも一時の清涼剤となる場面に遭遇したので、
振り返りつつまとめてみます。



東発から幸運な満貫ツモ。これが始まりでした。



次局、親リーを受けて、流局間際にワンチャンスの7sを切れば聴牌ですが、ドラ側で安全性に疑いが
あると判断して別の安牌切って流局。7sは見事ロン牌でした。止めた甲斐があるというものです。



次局、親の切り出しにご注目ください。この巡目で使いやすいドラ3m切り。穏やかではないです。



案の定、1pのポンが入りました。私は親は結構早いのではないかと判断。(予想は二向聴くらい)



直後の上家の北をポン。この北は10回中9回は鳴きません。北ヘッドでマンズをドラ受けの両面として
使うのが自然ですからね。でも、この時は何よりもスピード優先と思っていました。親がドラを切っている
ので、ドラを引いてツモ切ってもポンされないであろうというのも北ポンを後押ししました。



結果は親の清一色を阻止。最終形がカン7sになっているのは、2s3枚見えで両面よりリャンカンを選択
していたからです。

その後も親リーを流せたり、オーラスでのアシストが成功したりと満足度の高い対局でした。
自分の選択が必ずしも正しかったのかはわかりませんが、「自分で選択した結果が良好だった」
というのは気持ちの良いものですね。こういう所に麻雀の楽しさを見出していきたいです。

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012050506gm-0061-0000-x57fd76a9b7d1&tw=3
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。