天鳳特東卓で目指せ七段!
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-02 (木) | 編集 |
ブログを始めてから、先月でようやく月間の安定段が5を超えて喜んでいる甘粕士郎です。
私のブログの目的は「天鳳で試行錯誤した結果をフィードバックして実力向上につなげる」
事なので、徐々に成績が上向いているのは望ましく思います。只今、最高レート更新中なので
今月で出来ればR1980以上になれたら良いなぁ位のつもりで続けて行きたいと思います。

そんな訳で、今月に入って対局した中で最初に悩んだ場面から。



東3局、3万点持ちトップ目の親番でドラ表示牌のペン7mで聴牌しました。リーチしますか?



私はダマにしました。その理由は順番に、

1.東3局のトップ目なので、無理はしたくなかったから。
2.待ちがドラ表示牌なので、和了する自信がなかったから。
3.手替わりの種類は少ないが、手替わりの質が高いので手替わりを考えても良いと思ったから。
4.ラス目の下家が仕掛けており、リーチ後に急所を鳴かれて押し返されるのが不利に思えたから。
5.2着目との点差が小さく、リーチ棒の支出によって着順が落ちる可能性が高まると思ったから。


という理由があったのですが、リーチする理由もありそうに思えました。順番に書き記すと、

1.親なのでリーチによる押さえ付け効果が大きく、他家を降ろしやすい。
2.現状は役なし聴牌なので、出和了りが効くほうが良い。
3.2着目との点差が小さいので、リーチして打点を稼いだほうが良い。
4.下家の仕掛けが安そうなので、あまり気にしなくても良い。
5.手替わりが少ないので、即リーが局収支最大である。


というメリットがあるので、一概にどちらかが優れているとは言えない気がします。
個人的な見解では、東風では東2局まででこの点数状況であればリーチ優勢、
東3局でこの点数状況であればダマ優勢なのかなという感じがしています。

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012080121gm-0061-0000-xa363524b520e&tw=2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。