天鳳特東卓で目指せ七段!
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-21 (火) | 編集 |
一時はR2000に到達したのですが、その後みるみる下がるレートに恐怖している甘粕士郎です。
焦らず、急がず昇段を目指したいです。今日は反省が必要な対局から。



東発。ドラ周りが全く見えていないので、あまり67p辺りは切りたくないと思っていた所に
上家からの先制リーチ。同巡に最後の2sを引き、6pを切れば聴牌ですが…。



最近は押しの重要性を再認識しつつある私でも、ここは打6pは自重。打6pでのゼンツでは
和了率より放銃率のほうが高いと判断します。回っても聴牌を目指せるのも大きいですね。



直後に7m引いたりして若干がっかりするも、後手に回ったにしてはありがたい形聴です。



東3局。親番での好形聴牌が目指せるこの牌姿で、打7mとする痛恨のミス。
打7pとしておけば、かなりの確率で好形聴牌が組めます。牌理の弱さを痛感させられました。



この放銃自体はツキがないだけですが、478m待ちを選択できなかった時点で後味が悪いです。



オーラス。ありがたい事にラス回避するための打点は足りていますが、ほぼ愚形聴牌が確定する
打7mにやや逡巡。でも、さすがに一向聴に取ったほうが有利ですよね。



3pを引いてリーチ。ここは打7sリーチが有利だと思います。



でも、全然和了できる気配がないです。6s引いた時はこれはもうダメかなと諦観(´・ω・`)



あれ?上家聴牌じゃないのですか。という事は…。



やったー!! 一時はもうダメかと思ったので、嬉しさも一入です(*´ω`*)
そういえば、私が喜んでいる記事はやたら3着になった対局が多い気がします…w

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012082023gm-0061-0000-xb91f3df65b61&tw=2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。