天鳳特東卓で目指せ七段!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-17 (火) | 編集 |
最近あまりラスを引いていない甘粕士郎です。なるべく好調を維持して、昇段を目指したいです。
今回はやや押しすぎか引きすぎかが疑われる場面に遭遇したので、振り返りつつまとめてみます。

東1局1本場で…


自家が2600カン2s聴牌時に6pを押し。対面に聴牌気配はありますが、6pで刺さっても2000or2600
と予想されるので、ここは押しで良いと思います。(打点のない一向聴時ではここでオリそうです)

6pを下家にチーされた次巡で…


この6pをツモ切りしたのが甘かったかも知れません。6pは対面には刺さりませんが、下家には普通に
刺さりそうです。対面と下家の打点と待ちの予想は難しいですが、概ね2000前後(下は3900もある)で
さっきと違って5mを落とせば、まだ安全に和了目と形聴が狙えるという意味で、真っ直ぐ行かずに
この局の和了は下家と対面に任せて、愚形2600の自分は下がっても良かったのかも知れません。

そして、今後は引きすぎが疑われる場面です。

東2局3着目で…


自分の手は混一色高め一通がありますが、親を多少警戒しつつも赤5pを切って鳴かれたらオリようと
考えていたら、上家がこれをポン、打3mで聴牌気配になりました。次巡、本来なら願ってもない南ツモ
ですが、上家が対々和に見えている私にとっては白と1mは上家に対する危険牌筆頭に思えました。

その後は何とか形聴は取れましたが、待ちの絞り切れない上家の警戒よりも、現状3着目の自家は
真っ直ぐ白を切っても良かったのかも知れません。(自分の選択はここで南落とし)

蛇足ですが、自分がこれだけ押し引きを真剣に考えるようになったのはブログを始めてからです。
以前はもっと適当に決めていました。それが今では、一打一打にミスはないかブログのネタには
ならないかと打っているので、以前より集中して打てている気がします。

きっと今が自分にとって一番純粋に麻雀を楽しめている瞬間なのかも知れません。
これもひとえにコメントを下さったり、興味深い記事を書いて下さっている皆さんのおかげですね。
本当にありがとうございます。

おまけ



上の画像は1000点聴牌時に上家のリーチを受け、一発目は3p通して、次は何を切ろうという場面です。
安牌はありませんが、こういう時に有効なのが暗刻落としです。暗刻落としは1枚目の放銃率こそ
他の牌と変わりませんが、その後同じ牌では放銃しないので、オリる際には非常に有効です。
(細かい事を言えば巡目の深さと牌の種類によって放銃率は異なりますが、3種類別々の牌を切るより
は放銃を免れるケースが多いです)

ここでは暗刻が2つありますが、上家が1s→3sの順で切っているので、2sの暗刻落としを選択しました。
上家のリーチに対して真っ直ぐ6sを打つ手もありますが、オリる手段として暗刻落としがあったのが、
安牌が足りなくてもオリ判断を後押ししてくれる要因となりました。

1つめの牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012041718gm-0061-0000-xcd92bf1b0ed0&tw=1
2つめの牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012041718gm-0061-0000-xc0945dcc6e98&tw=0
3つめの牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012041719gm-0061-0000-xea0c2a2efb5c&tw=0
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
二枚目の6Pはビビりの私には切れませんW

東発3900放銃は結構キツいと思うのですよ
こちらも同じくらいの状態なら押しですがカンチャン待ち2600では割りに合わない気がします 
2Sが良さそうにも見えないですし


引きの場面ですがこれは恐ろしすぎてチビりますW

5Pポン打3Mから1Mも切りづらいしションパイの白は無理(>_<)
トイトイ役赤の満貫を親がもうない状態で降ったらラスはもう目の前ですからねW

ケイテンまで行けたら神域だと思います(^^)v
2012/04/18(水) 01:15:28 | URL | yumikika #-[ 編集]
2枚目の6p、切っちゃいそうです。
うん、私は絶対切っちゃうw

そして逆に3枚目は私もとりあえず南切ります。
上家さんに放銃したくないのはもちろんですが、
ドラも全然見えて無い、親も5800点は確定の二副露、
と、ちょっとアガリまでの障害が多そうに思っちゃうので。
単なる感覚なんですけどね。
でも聴牌、素晴らしいですね!
私なら取れてないかもです。
2012/04/18(水) 02:37:39 | URL | 紅茶 #-[ 編集]
>yumikikaさん

コメントありがとうございます!

そうですよね。実は私もyumikikaさんとまったく同じ印象でした。
ここで放銃したらキツイし、2sが特別強そうな待ちでもないなって。

でも、ここで対面に和了されたら2着が遠のく=自分が和了して阻止したい!って
欲に負けました。やはり、東1東2辺りで押しすぎる傾向は治っていないようです。

引きの場面はやはりキツ過ぎますか。ここで満貫振ったらまず大方ラスですもんね。
形聴はもう出来過ぎの運だけでした。お恥ずかしい限りです><
2012/04/18(水) 06:30:08 | URL | 甘粕士郎 #vaRefH5E[ 編集]
>紅茶さん

コメントありがとうございます!

紅茶さんも押す派ですね。自分はこの6pを「最後の無筋!」というつもりで
押しました。紅茶さんでしたら、あと無筋何枚まで勝負しますか?
(もちろん、最後まで勝負!というのも全然ありだと思います)

3枚目は上家だけではなく、そろそろ親も怖いですよね。
でも、自分は親に対してはもう少し押すつもりでした。

親がトップ目なので、ラス回避がしたい自分としては親の手がいくら進もうと、
自分が振り込みさえしなければ構わないと思っていました。
親が3副露するか、もう少し聴牌気配が出て来たら南と9mで逃げるつもりでした。

形聴は本当にまぐれで、運に助けられた結果なのですが、それでも愚形でも
形聴は形聴という意識は持っていたので、346789mという形になってから
上家に唯一通っていた3mを間違えずに選べたのは良かったなと思っています。
2012/04/18(水) 06:47:52 | URL | 甘粕士郎 #vaRefH5E[ 編集]
1つ目は3s1sと切っていきますかね
どうがんばってもフリテンか6pタンキになりそうですが、いつでもオリるつもりで

ホンイツのやつは南切るのが良さそうですが、テンション次第では1m切りもありますw
どちらにしても生牌の白は切れないですね

最後のは手の中に安牌がないので上家の6pをフリテンチーして6sを勝負します
2012/04/18(水) 14:27:57 | URL | メガネ部長 #MvSKUjhA[ 編集]
>メガネ部長さん

コメントありがとうございます!

メガネ部長さんは最初の画像の時点ですでに回るって事ですよね。
ラス目に急所を鳴かせないという意味で、その選択もありですね。

私だったら押すなら白です。最終手出し3mの近隣牌の1mは十分危険牌ですので、
50符3翻6400が確定している上家に押すなら、手の広さと打点を取ります。
(50符2翻3200ですね。失礼しました)

最後のは満貫ツモられても3万点以上持ってオーラスを迎えられるのでベタオリしましたが、
一発は避けつつも、こっちも良形で押し返せるのだからその選択もありですね。

ご意見ありがとうございました!
2012/04/18(水) 19:11:29 | URL | 甘粕士郎 #vaRefH5E[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。