天鳳特東卓で目指せ七段!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-08 (金) | 編集 |
前回の記事にも書きました通り、今回は2度目の段位戦でのしけいさんとの対局を
振り返りたいと思います。私の下家がしけいさんです。



東発の親番で、一向聴になった所で暗槓。これはありだと思います。



後の白をポン。他家の警戒度をむしろ下げてしまいかねない鳴きですが、何も仕掛けなかったら
それはそれで押さえ付けられる訳でもないと思うので、これで良いかなと思います。



50符1翻2400を和了して迎えた次局。上家がドラポンの3副露でほぼ聴牌。3sを切れば聴牌
だけど、役がない。親番だが、ツモられても微差の2着なのでツモ失点もやむなしと考えて發を
落とした。發も安牌ではないが、通っていない中張牌よりはマシなのでこれは悪くないと思うが、
※追記 5sポンもあるし、3sなんて全然刺さらないじゃん…。發落とすのも怪しい気がします。



2mを掴んだ所でリーチに行ったのがお粗末過ぎた。3sが割りと通りやすくなって、2mは割りと
刺さりそうと思って聴牌取るならって感じのリーチだけど、何もリーチする必要はないじゃないか。
もう誰もこの状況では中張牌は打ってくれないし、勝負するなら先の画像の場面ではないか。

3sは対面が切っていて、その後すぐに3副露で聴牌していたので、実は3sは良く見ている人
だったら通しても良い牌だった。もしくは、安全を重視して發を落とすのは良いとしても、
3s切りリーチではなく、ピンズかマンズにくっついてからの2m勝負のほうがマシではないのか。



結果は対面の東西シャボに刺さって助かったものの、自分の判断の悪さが如実に現れた局だった。



次局、先制リーチを受けて無筋2枚浮いた所で東を切って回す。



8mが重なって2m押し。



7mは迷ったけど押し。結果は通って上家と最後の7mチーで聴牌を入れたしけいさんと私が聴牌。
でも、これってどうなんだろう。実は上家の両面に刺さるのはもう25mか47mか58mくらいしかない。
2mは和了と聴牌料と放銃のリスクを天秤に掛けて押すのは間違いではないと思う。しかし、2mが
通った後の7mは相当放銃率が上がっている上に、ほぼドラも絡んでの満貫の可能性が高い。
聴牌料の為に極めて高い満貫放銃のリスクを負ってまで通す牌なのかは甚だ疑問だ。



次局、上家を多少警戒しつつも、ドラが絡まない以上概ね2000か高くて3900なのである程度は
自分の都合を優先していた所、親の12000に放銃。個人的にはミスだとは思っていなかったけど、
上家と自分の手にドラがない以上、それ以外の他家の警戒度を上げるのは当然かも知れない。
しけいさんの聴牌直後での放銃だったけど、タンヤオの鳴きで5mと7pが出た時点で引いても
良い場面だった。上家にも通っている1mや筋の2mや4pを頼って引き気味に打つ事もできたはず。

その後は反撃も及ばずラスでした。しかし、牌譜検討をしてみると、自分の場の見えてなさと
判断の悪さが良くわかります。きっと場況が見えていないからきちんとした判断も出来ていない
のでしょうね。これは今後の反省課題ですね。自分の実力不足が露呈した形となりましたが、
*ぶっち*さん、しけいしゅうさん対局ありがとうございました!!

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012060701gm-0061-0000-x05c1c69ef371&tw=0
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
前回の記事にも書きました通り、今回は2度目の段位戦でのしけいさんとの対局を振り返りたいと思います。私の下家がしけいさんです。東発の親番で、一向聴になった所で暗槓。これは
2012/06/10(日) 01:39:13 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。