天鳳特東卓で目指せ七段!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-18 (水) | 編集 |
今回で6回目となりましたメガネ部長さんの交流会の記事です。そして、今回が正真正銘の
最終回です。久々に気合を入れて作成したシリーズでしたが、沢山のご意見・ご感想を頂き、
誠にありがとうございました!書いてみて本当に良かったです。そして、何より楽しかったです♪
…と、そんな話はほどほどにして、早速検討に移りましょう。

前回は東2局1本場までを記事にしました。今回は東2局2本場からオーラスまでを振り返ります。



東2局2本場。予め結果をお伝えすると、この局は最後までもつれ込みました。
その途中経過が重要であると思ったので、あえて手牌を公開して進めていきます。
まずは、上記の画像で下家のlibraryさんが先制聴牌を入れます。



そして、ここから対面のうえすぎさんがドラを3つ抱えて回ります。確かに和了には遠い形に
見えますが、私には絶対出来そうもない選択です…。私は呑気に8mとか切ってそうです。
この見切りの良さが強者の証なのでしょうか。牌譜検討して気付けて良かった部分です。



この画像で上家のメガネ部長さんも聴牌。私も、メガネ部長さんはこれで聴牌かなと思いましたが、



この人は何故6sなんか切っているのでしょう…。「最後に2sを切る形にしたいな♪」とか考えていた
気がしますが、ここは2sで良いのではないでしょうか…。



そして、メガネ部長さんが生牌のドラ3mを掴んで回ります。7sを通せば、6sは私とlibraryさんに対して
安牌で、うえすぎさんもほぼオリに向かっているので安全に聴牌が目指せますね。上手すぎます。
私にもその状況把握能力を分けてください(´;ω;`)



そして、メガネ部長さんは8mを引いて比較的安全な5sを通して聴牌。まさに完璧な試合運びでした。
うえすぎさんは中盤以降、1枚足りとも危険な牌を通さない完璧なオリでした。libraryさんは効果的な
手出しを駆使して、危険牌を絞り込めませんでした。一方、私は手なりでたまたま聴牌しました。



しかし、これは何の因果か。メガネ部長さんが最後の最後に直前で放銃牌になった3sを掴みます。
ソーズがこれだけ安くなっていて、これを通せば聴牌で終えられるのに、これは仕方なさすぎる…。

この東2局2本場は特に私と皆さんとの実力差が現れた局かなと痛感しています。
進め方にレパートリーの少ない私にとって、この局の皆さんの進め方はとても参考になりました。



東3局はメガネ部長さんのリーチに対し、親番なのでMAXに構えていたlibraryさんが安牌もなく
真っ直ぐに行って放銃。8sがフリテンでさえなければ、おそらくは7p対子落としを選択されていた
と思います。これは不運でした…。



そして、いよいよオーラスです。私はトップと4100点差。ここでの私の考えを整理すると、
「ダブ西が対子で2000点は見込める。これは鳴くしかない。後はドラが来るのを祈ろう!」
「それで、後の面子はどうしよう。ん?対面が第一打1m…?そして上家も1m…。」
「って、この1mスルーしたらマンズ弱くなりすぎる!悠長に両面落としても間に合わない!チーだ!」
みたいな事を多分考えて鳴いたのだと思います。何故か知りませんが、私は上家の第一打の
チーがやけに多い気がします。ほとんど第一感で判断しているので、あまり考えていませんが…。



しかし、ドラが必要と言いながらこの赤5p切りはいかがなものでしょうか。段位戦であれば良いと
思うのですよ。横に伸びてもフリテンだし、刺さる可能性があるのは上家への愚形聴牌のみ。
でも、あくまでトップを狙いに行くのなら、和了率はいくら下がろうとも西ポン→5p単騎に受けるのが
この時点では最も優秀だと思うので、安牌の白は見切っても良かったかもしれません。



そして、下家のlibraryさんからリーチが入りました。リー棒が出たので、対面直撃で
まだトップが見える!…という事で、リーチには絶対刺さらないと自信を持って打1s…

メガネ部長さん「ポン」

こ、こうなったら、さすがの私も諦めます。西の対子落としで放銃回避を…



うえすぎさん「ポン」

もうやめて!甘粕士郎のライフはゼロよ!(´;ω;`)



そして、最終的にはlibraryさんが6sを掴んでメガネ部長さんの満貫に放銃。
ぬるい打牌をしたどこかの誰かさんのせいで満貫聴牌させてしまったせいですね。

こんな感じでこの記事は終わりです。記事を書くために牌譜検討をすればするほど、
私の実力のなさが浮き彫りとなりました。皆さんも良かったら今回の牌譜をご覧ください。
鉄強の方と、豆特の考え方の違いが垣間見れるのでオススメですよ!

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012071222gm-0201-0000-xda5dbeba9767&tw=1
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
東2局みたいなのはホントに勉強になります。
ドラドラだからゼンツ!みたいな発想じゃダメですね・・・><
(そしていつの間にか甘粕士郎さんが聴牌してて笑いましたw)

オーラスの1mは私も鳴きそうです。
2356mってあまりいい形じゃないと思ってるのもあって、
打点はダブ西あったら何とかなる!と思い込みそうw
ドラが白なのがビミョーですが・・・。

ところで、先日の
67p45667788s ツモ5pの牌姿、
もしかしたら私のブログでお借りしてもよろしいでしょうか・・・?
2012/07/19(木) 01:54:26 | URL | 紅茶 #-[ 編集]
>紅茶さん

コメントありがとうございます!

そうなんですよね。昨日の話題にもなっていた「赤5mをチーするか否か」
についても、私だったらそもそも赤5mは切っていないと思うのですよね。

強い人はそういう細かい所で危機回避能力を発揮して、難を逃れている
ケースがあるのだと思います。私は完全にドラいっぱいあったらゼンツ!→
放銃したらツカンな~くらいにしか思わないので、とても参考になりました。

あと、ドラを場に出さない事によって場を重くするという効果もありそうですね。
3人が副露している訳ですが、見えていないドラが多いので打点が
わからないんですよね。だから、軽々に押せなくなる。そんな意味合いも
あったように思います。

オーラスはちょっと厳しい手牌なのでマンズ2面子とダブ西は確定させて、
後は赤引きに対応したかったのですが、つい牌効率を優先してしまいました。
あの赤5pはダメ元で良いから引っ張ってみたかったです。

はい!どうぞご自由にお使いください♪ お役に立てるなら光栄です☆(*´ω`*)
2012/07/19(木) 06:36:54 | URL | 甘粕士郎 #vaRefH5E[ 編集]
全部見させていただきました。

熱い闘いでしたね!

最初の場面の6ソウ切りのところは⑨ピン対子落としとかしちゃいそうです。

終盤でテンパってないのに、6ソウは自分は切りづらいです。

鳳凰アカがあっても、こんなに努力する甘粕士郎さんに刺激を受けました!

自分もがんばらないと!
2012/07/19(木) 14:48:59 | URL | *ぶっち* #-[ 編集]
>*ぶっち*さん

コメントありがとうございます!

本当に熱い闘いでした☆(*´ω`*) 実力で上回る御三方に運で挑む私!
私に運が傾いた局が多かったおかげで、より接戦になったと思います∑d(≧∀≦)

6s切りの所は本当に訳がわからないですね。私はこの時、メガネ部長さんは7割方
聴牌と思っていました。しかも、赤含みなので警戒度を上げなければならないのに
6sなんか切ってどうするつもりだったのでしょう…。

ポン材を残すと言っても、1枚ずつ切られてしまっているし、うえすぎさんのガードが
固かったので、通常よりポンが出来ない場況だったと思います。
なので、打6sはヒドすぎましたね。攻めるなら2s、下家にもオリるなら
9p落とし等の選択が優秀に見えますね。

鳳凰垢はありえないレベルの確変を引けたおかげだと思います。
何せ、安定五段ない今の自分より下手だったのですから…。

今の段位が自分の実力相応で、今後はとりあえず豆特から特上勝ち組に
ステップアップしたいので、またアドバイス等よろしくお願いします☆
2012/07/19(木) 23:50:55 | URL | 甘粕士郎 #vaRefH5E[ 編集]
たぶん、自分がドラで回ったシーンは甘粕さんだって絶対に回るはず!
ブログ読んでいる限りではそういう印象を受けます。

なにはともあれ、記事のアップおつかれさまでした。
僕がトップを取った牌譜というのが何より素晴らしいww
2012/07/21(土) 00:22:15 | URL | メガネ部長 #MvSKUjhA[ 編集]
>メガネ部長さん

コメントありがとうございます!

そうですね…。いざ自分だったらと考えてみると、
確かに下家の親がダブ東鳴いて三段目に入って6s手出ししているので、
3mは回りそうですね。ただ、私は6sから切るかも。7sから切るのは丁寧ですよね。

記事を作成するの思っていたより大変でしたけど、
牌譜を見直すにつれ新たな発見があったり、他者の手筋を見て勉強になったりと
色々と為になりました♪(*´ω`*)

最後のは西鳴いてリーチをかいくぐって、さらに堅いうえすぎさんからの直撃が
必要なので、1sは行き過ぎだった気がしますw 調子に乗りすぎましたー><
2012/07/21(土) 01:20:53 | URL | 甘粕士郎 #vaRefH5E[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。