天鳳特東卓で目指せ七段!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-04 (土) | 編集 |
私は天鳳では結果よりも内容を重視しています。もちろん、結果が良好であるのに越した事は
ないのですが、何の工夫もなく取れたトップよりも、苦心を重ねて得られた3着のほうが
達成感が得られる傾向にあるようです。今回はそんな3着の牌譜から振り返ってみます。



東発。自分の手は打点も速度もなく、仕掛けも効きにくい苦しい形です。その分、他家の捨て牌を
じっくり見ていたのですが、どうやら親が変則手のようです。七対子が本線と思っていましたが、
中が2枚見えになった直後の打中でほぼ七対子だと確信しました。



直後に親リーが入り、対面も追っ掛けリーチです。ここで重要なのは、この場面では親よりも対面の
リーチに気を配る必要がある事です。親は七対子濃厚なので、危険牌の順序が逆転しています。
親に危険なのは字牌>端牌なので、現物が切れた場合は4s対子落としが最も放銃を回避できます。



結局は安牌しか引きませんでしたが、2軒リーチの対応としては楽な部類だったと思います。



親番での先制リーチが実らず、逆に対面に放銃して迎えた東3局。対面のリーチが入りましたが、
ほとんど通っている筋がありません。そして、自分の手は良形聴牌になりやすい形で、ここを
気合オリで凌いでもオーラスは依然厳しい立場のままです。よって、ここは押し優位と見ます。



6p3s3pを押して聴牌しましたが、234mから5mを引いた所で回りました。25mの放銃率が残り筋から
見て高くなっており、68sが安牌で回っても聴牌に復帰しやすく、47sの出和了があまり期待できない
ので、ここは回ったほうが良いかなと思います。



直後に聴牌復帰して1mを出和了り。和了自体はたまたまですが、ここまで来るのに押す選択が
あってこそなので、満足度の高い和了でした。



オーラスは途中から上家の染めが明らかだったので、通っていないソーズと字牌を抑える
だけの難易度の低いオーラスでした。前局でラス目と4000点のままでリー棒と1本場があれば
こうは行かなかったと思うので、東3局の和了の価値が高かったのだと実感できます。

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012080412gm-0061-0000-x36ca23089b99&tw=1
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
私は押すべき時に押せないことが多いです><
普段はバカゼンツなのに・・・。

なので、東3のアガリ&回し打ちはお見事です!!
こういうのは気持ちいいですよね。

今日はどうもありがとうございました!
甘粕士郎さんにはとことん負けた記憶しかないですw
2012/08/05(日) 02:18:59 | URL | 紅茶 #-[ 編集]
>紅茶さん

コメントありがとうございます!

押し引き判断は本当に難しいですよね。状況に関わらず向聴で全て降りていたら
勝てないケースも出てくると思います。私達ネット麻雀育ちでは教科書に載っていない
事をするのは勇気が要りますが、今より上を目指すなら自分で考えて判断する事が
重要だと思います。もちろん間違っている事も多々あるので、その都度修正が必要ですけどね。

昨日は対戦ありがとうございました(*´ω`*) 私は5戦中5戦とも紅茶さんとの対戦でしたw
結構なバカヅキゼンツになってしまってスミマセン>< 同卓してみると、紅茶さんの
積極的に和了に向かう姿勢は非常にプレッシャーを感じさせられました。ありがとうございました!
2012/08/05(日) 10:43:12 | URL | 甘粕士郎 #vaRefH5E[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。