天鳳特東卓で目指せ七段!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-14 (火) | 編集 |
最近は攻撃型を意識している甘粕士郎です。しかし、行き過ぎた攻撃型はただのゼンツマシーン。
素人にはお勧めできないです。今回はそんな素人の憐れな喜劇をお楽しみください。



東3局でノー面子からの9mチー。あまり和了出来るとは思っていませんが、もし和了出来るとしたら
鳴き一通が一番近いだろうなという事で鳴いてみました。



そしたら、超高速の親リーが!! クソ鳴きしたから成敗してやるって奴ですか(´・ω・`)



だが、私はあきらめない!! ここは端牌で2枚壁の9sだ!ドラ側とかは気にするなっ!



2sが通ったので8sだ!! 対子で通せれば赤5sも準安牌だ!ドラ側とかは(ry



3mチーだ!! 安牌が足りないから和了に一縷の望みを託すんだ!でもやりすぎかも(´・ω・`)



6sチーだ!! 危険牌処理しつつ手が進むぞ! やけくそに見えますか?奇遇ですね、私もです。



6mチーだ!! 聴牌したぞ!ここまで来たら聴牌取ったほうが放銃率も下がるね☆ 満貫あるしw



競り勝ちました! 対面さんは私への危険牌が絞り込めない以上、仕方ないですね。
実は途中で8pを「絶好の待ち!」とか言って単騎待ちにしたりしていました。フリテンなのにねっ!

…とこんな感じでテンション上がりながらの対局でした。最近は副露はなるべく2つまでに
抑えるようにしていたので、3副露でも珍しいのに、裸単騎なんて何百試合ぶりでしょうか。
しかも、トップ目で親リーに対して裸単騎でゼンツですよ?w 初心者かよ(´・ω・`)

突っ込みどころ満載ですが、当の本人はたっぷり楽しめて満足でしたとさ☆(*´ω`*)

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012081402gm-0061-0000-x861cc03c2e71&tw=3
2012-08-04 (土) | 編集 |
私は天鳳では結果よりも内容を重視しています。もちろん、結果が良好であるのに越した事は
ないのですが、何の工夫もなく取れたトップよりも、苦心を重ねて得られた3着のほうが
達成感が得られる傾向にあるようです。今回はそんな3着の牌譜から振り返ってみます。



東発。自分の手は打点も速度もなく、仕掛けも効きにくい苦しい形です。その分、他家の捨て牌を
じっくり見ていたのですが、どうやら親が変則手のようです。七対子が本線と思っていましたが、
中が2枚見えになった直後の打中でほぼ七対子だと確信しました。



直後に親リーが入り、対面も追っ掛けリーチです。ここで重要なのは、この場面では親よりも対面の
リーチに気を配る必要がある事です。親は七対子濃厚なので、危険牌の順序が逆転しています。
親に危険なのは字牌>端牌なので、現物が切れた場合は4s対子落としが最も放銃を回避できます。



結局は安牌しか引きませんでしたが、2軒リーチの対応としては楽な部類だったと思います。



親番での先制リーチが実らず、逆に対面に放銃して迎えた東3局。対面のリーチが入りましたが、
ほとんど通っている筋がありません。そして、自分の手は良形聴牌になりやすい形で、ここを
気合オリで凌いでもオーラスは依然厳しい立場のままです。よって、ここは押し優位と見ます。



6p3s3pを押して聴牌しましたが、234mから5mを引いた所で回りました。25mの放銃率が残り筋から
見て高くなっており、68sが安牌で回っても聴牌に復帰しやすく、47sの出和了があまり期待できない
ので、ここは回ったほうが良いかなと思います。



直後に聴牌復帰して1mを出和了り。和了自体はたまたまですが、ここまで来るのに押す選択が
あってこそなので、満足度の高い和了でした。



オーラスは途中から上家の染めが明らかだったので、通っていないソーズと字牌を抑える
だけの難易度の低いオーラスでした。前局でラス目と4000点のままでリー棒と1本場があれば
こうは行かなかったと思うので、東3局の和了の価値が高かったのだと実感できます。

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012080412gm-0061-0000-x36ca23089b99&tw=1
2012-08-02 (木) | 編集 |
ブログを始めてから、先月でようやく月間の安定段が5を超えて喜んでいる甘粕士郎です。
私のブログの目的は「天鳳で試行錯誤した結果をフィードバックして実力向上につなげる」
事なので、徐々に成績が上向いているのは望ましく思います。只今、最高レート更新中なので
今月で出来ればR1980以上になれたら良いなぁ位のつもりで続けて行きたいと思います。

そんな訳で、今月に入って対局した中で最初に悩んだ場面から。



東3局、3万点持ちトップ目の親番でドラ表示牌のペン7mで聴牌しました。リーチしますか?



私はダマにしました。その理由は順番に、

1.東3局のトップ目なので、無理はしたくなかったから。
2.待ちがドラ表示牌なので、和了する自信がなかったから。
3.手替わりの種類は少ないが、手替わりの質が高いので手替わりを考えても良いと思ったから。
4.ラス目の下家が仕掛けており、リーチ後に急所を鳴かれて押し返されるのが不利に思えたから。
5.2着目との点差が小さく、リーチ棒の支出によって着順が落ちる可能性が高まると思ったから。


という理由があったのですが、リーチする理由もありそうに思えました。順番に書き記すと、

1.親なのでリーチによる押さえ付け効果が大きく、他家を降ろしやすい。
2.現状は役なし聴牌なので、出和了りが効くほうが良い。
3.2着目との点差が小さいので、リーチして打点を稼いだほうが良い。
4.下家の仕掛けが安そうなので、あまり気にしなくても良い。
5.手替わりが少ないので、即リーが局収支最大である。


というメリットがあるので、一概にどちらかが優れているとは言えない気がします。
個人的な見解では、東風では東2局まででこの点数状況であればリーチ優勢、
東3局でこの点数状況であればダマ優勢なのかなという感じがしています。

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012080121gm-0061-0000-xa363524b520e&tw=2
2012-07-26 (木) | 編集 |
「平和のみ聴牌は即リー」という言葉がありますが、それは特に条件のない平場での話だと思います。
それでは、自分が一人攻めではない中盤以降ではどうするのがベターなのでしょうか。



東発で平和のみを聴牌しました。下家の仕掛けは現状1000点でさほど警戒する必要はなさそう。
でも、待ち牌が残り4枚しかなく、ツモ順もあと4、5回しかありません。出て行く6pも割りと危険牌。
私が下した判断は…



わからないからリーチ!



対面の親が追っ掛けてきました。私の感覚では3、4回に1回はこういう展開になりそうだと感じます。
残りの巡目も少ないし、下家も押してくると思うので放銃率はさほど高くないと思うのですが、
平和のみで曲げているこの状況はリスクとリターンが噛み合っているのでしょうか…。



こういう事があるので平和のみでも曲げ得と言われているのだと思いますが、実際の所は
終盤で先制ではない状況での平和聴牌はリーチとダマどちらが得なのでしょうか?
(この下家が実はドラ3pと發のシャボというのも驚きでした。待ちは純カラでしたが…)

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012072418gm-0061-0000-xad45fdd89d1e&tw=2
2012-07-24 (火) | 編集 |
前回の記事で書きました通り、私は対々和にはギリギリまで踏み込んでいく事が多いです。
対々和の待ち牌は絞りにくいものの、結局の所は最高で2種4牌の待ち牌であり、
オリるとしたら3枚切れ以外は全部危険牌(厳密には4枚見え以外)だけど、押すとしたら
2種4牌の待ち牌さえ引かなければ放銃しないという、押し得な印象があるからです。



自分としては可も不可もなく進んだ感じのある東3局1本場。上家の親が対々和or役牌バックを
やっている感じです。すでにドラ3あって相当ヤバイです。でも、この手なら下手に逃げるより
かわしに行ったほうが局収支も上向きそう。2s暗刻落としを命綱にして先制聴牌を目指します。



上家に超危険な發まで通した甲斐もあって、おそらくは先制聴牌取れました。下家はベタオリで
親の現物待ちだし、これは何とかなりそうかな。ゼンツ厨万歳!\(^o^)/



これで親は100%聴牌ですね。対々和ドラ4親跳ね18000。素敵ですね。さすがにここまで来たら
逃げるが勝ちな気もします。2sよ、君たちに未来は託した!(`・ω・´)



ところで、この対面の9mをどう思う?

すっごく…あぶないです…

親は役牌バックの可能性が否定された今、最も通しにくいのが9mではないでしょうか。
9mで親に振り込んだ場合は対々和ドラ4は確定、おまけに三色同刻まであります。
最低18000の高め240000。この9mを勝負するというのは、例えるなら

發と白をポンしていて聴牌濃厚な河に中を勝負しているようなもの

だと思うのですよ。でも、この対面の方は六段R2000後半でかなり強い人です。
理由もなく9mを切ったりするような人ではありません。



同巡、切りきれなかった6sにくっついて聴牌復活しました。今こそ、2sの出番です!



7sを持って来ました。2sをもう一度切れば安全に進められる。そう思いました。
7sは親には通っているけど、対面には刺さってもおかしくない。そう思いました。
大事な事なので何回でも言いたいです。7sは対面には通っていないのです。



これはっ…!当然の報いっ…!

そりゃそうですよ。9mまで通しておいて聴牌してない訳ないじゃないですか。
安手で9m勝負する訳ないじゃないですか。勝算だってあるに違いないじゃないですか。

それなのにどうして。7sを止められなかったのだろう。2sは通っていた。あと2枚あった。
上家はトップ目だった。天鳳では加点されても構わない相手だった。対面は放銃しては
いけない相手だった。これらの事はある程度認識していた。でも、聴牌で親の現物待ちで
和了したいという欲求に勝てなかった。危機察知能力の欠如。この授業料は高くつきました。

今回の牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2012072322gm-0061-0000-xd2b7690cce8a&tw=3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。